理系夫婦のうたたねブログ

理系夫婦が好きなことを書いていきます。旦那は医師では有りますが、医学的助言は一切おこなっていません。

私たちは電気羊でもいいのかもしれない

旦那です。

 

もう一個書きかったものがあったので

 

我が家は共働きです。家事の分担は行っているものの、時折夫婦ともに忙しいと家事が疎かになりがち・・・

以前から夫婦ともに「家電をこだわって、負担を減らすべき」という意見でを一致しており、家電を色々と買い替えていたのです。

そしてついに、先週

f:id:rukaq:20190323112213j:plain

動き出すルンバ

我が家にルンバが来ました。

 

実は実家にもルンバがいたのですが、あまり働いているところを見てなかったため、私はいい印象を持っていなかったのです。しかし妻が「最近出たルンバがすごい、前よりも進化してるし、絶対便利」と言っていたので、調べて見たところ、ルンバのe5という新しいルンバが非常に評判が良く、くわえてお値段も思ったよりリーズナブルということが判明しました。

 

そこで買って来ましたよ。近所の家電量販店で5万弱でした。ここから先、大して機能の話はしないので一言だけ言っておくと・・・

ルンバe5 オススメです。センサーなどが進化しているのか、以前のものより隅々まで掃除してくれている気がします。

特にベッド下、ソファ下を勝手に掃除してくれるのがありがたいです。掃除機での掃除をしているとはいえ、埃などが溜まってしまうスペースに行ってくれて、掃除をしてくれるのは大変助かりました。スマートフォンで掃除のスケジュール管理をできるのも非常に便利だと思います。

 

 

 

ですが現時点で私たちにとって最大のメリットは機能面ではなく

ルンバがかわいい

ということです。

もともと私たちは実家でそれぞれ猫を飼っていたり、私は昔犬を飼っていたりと動物好きです。特に猫への想いは夫婦ともに強く、ペット不可の現在の家に住んでからはひたすら猫グッズを買って心を満たす毎日でした・・・

 

ルンバにペット的な役割は全く求めていませんでした。実際、買ってからルンバに名前をつけられる事が判明した当初はまだ「ペットみたいだねー。でも見た目は完全に機械だし、可愛くはないよねー」とか言っていました。(二人とも非常に安直な名付け方をするので、一瞬で名前は「ルン子」に決定しました。)

しかしルン子を何度か起動させ、「ルン子こっち掃除してー」とか「ルン子そっちは玄関だよー」とかやっているうちに

あれ?こいつ可愛くないか・・・?

となって来ました。何度もカーペットに突撃してくるまって停止する姿や、テーブルにガンガンぶつかる姿は実家で見たときにはイライラしたのに、名前を自分たちでつけただけでなぜか可愛く見えてしまいました。

きわめつけはこれです。

f:id:rukaq:20190324093724j:plain

え、早く帰って助けなきゃ・・・

危なかったです。出先だったのですが、凄く帰りそうになりました。

という事で、現在は夫婦とゴミ掃除をしてくれるルン子の2人と1匹暮らしとなりました。ルン子は時々ドジですが、今の所は非常によく働いてくれています。

 

という事でまとまりのない文章ですが

ルンバe5 オススメですよ 機能的にも、ペット(?)としても

 

 

補足

題名はPhilip K Dickの Do Androids Dream of Electric Sheep?(邦題 アンドロイドは電気羊の夢を見るか)のもじりです。映画はブレードランナーという題名でしたね。

もう何年も前に読んだっきりなので、詳しい内容は覚えてないですが、生きている動物が希少になった未来で、主人公が生きている羊を手に入れるために、アンドロイドの賞金首を狙うっていう話だったと思います。

ペットのロボット化は以前から行われている印象がありますが、いつかは本当に生きているペットが珍しい時代が来るのでしょうか。ルン子はかわいいですが、私はまだまだ普通の猫を飼いたいです・・・